FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』

【 FX/仮想通貨/日経225 相場の天井・底値・転換点が一目でわかるチャートツール】
買いサインも売りサインも自動でメールでお知らせ!
明確な動きがでたら、「緑・赤のサインでエントリー、白のサインで利確!」のたった2ステップ。

FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』 イメージ画像


メタトレーダー(MT4)用のFXチャートツール、特に売買サイン・インジケーターの中で

 最もツール市場で売れているインジケーターは、「ドラゴンストラテジーFX」 かと思われます。人気度、売上ランキングでもダントツです!

内容的にも秀逸のものです。

  

その「ドラゴンストラテジーFX」 の点灯サインと 『天底チャート MT4』 のサイン点灯を
比較してみました。

  

2017年11月29日~12月22日までの同じ期間で、EURJPY 1時間足のチャートで見比べてみます。

 

「ドラゴンストラテジーFX」のチャート画面

 

 

『天底チャート MT4』のチャート画面

 

 それぞれ画面構成が違いますので、ローソク足チャート部分だけを並べて見てみます。

上の部分が、ドラゴンストラテジーFXで、下の部分が天底チャートMT4です。

 

 

矢印サイン自体はそれぞれ遜色なく、利益が取れるサイン点灯になっています。

その上で、敢えて言うならば、『天底チャート MT4』が天井圏・底値圏で

白のサインを点灯させるので、その分、天井・底値の判断がつきやすいのではないでしょうか。

皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

両方のインジケーターを、MT4にインストールしておくのが理想的ではありますが、、、(⌣_⌣”)


 




↑このページのトップヘ


日経225をやっていて、 『もっといろいろなテクニカル指標(インジケーター)を使いたいな』 

と思ったことはありませんか?

 

通常日経225先物取引をおこなうには、ご自分が口座開設した証券会社専用の

取引ツール(チャートツール)を使うことになりますが、ツールは各社まちまちで、

それぞれの互換性や共通性はありません。

 

ご自分が使いたいと思うテクニカル指標が設定できないツールも多々あるかと思います。

例えば、移動平均線ですら、3本程度しか設定できない証券会社のチャートツールを

よく見受けます。

 

 

 

実は、メタトレーダー(MT4)は、主にFX用のトレーディングツールとして利用されていますが

日経平均NYダウを表示させることが可能です。

 

FX会社各社の取扱通貨、品目の中には、金、プラチナ等の先物取引に加え、

各国の指数先物取引のCFDを取り扱っているところがあります。

 

日経225指数先物取引も 「Japan225CFD」 として、取引できるところもあり、

実際のトレードをおこなわないまでも、見るだけのチャートとして十分利用することができます。

 

メタトレーダー(MT4)であれば、ありとあらゆるテクニカル指標(インジケーター)が

自由に組み込みできます。

 

しかも、メタトレーダー(MT4)は、無料で使えるチャートツールですので、

日経225のトレードをおこなわれている方には、メタトレーダー(MT4)で、

チャートを見られることをお薦めします。

 

 メタトレーダー(MT4)を使えば、日経225最強のチャートツールとなるでしょう。

 

『天底チャート MT4』 は、メタトレーダー(MT4)用インジケーターですので

勿論、日経225のチャートでも問題なく売買矢印サイン表示ができます。

 

 

日経225 1時間足 (12月16日現在)

 

 

上の画像からもおわかりのように、『天底チャート MT4』の最下段インジケーターで

 

見た目で、きれいな形状で、底値→天井→底値 の波動線が形成されています。

 

 

のラインを他のラインが超えていく時に点灯する上段でのまたは赤のサインでのエントリーは

 

非常に信頼性・確実性の高いエントリーポイントとなります。

 

そして、利確は簡単、 白サイン で利確です。


<売買サイン発生時には、自動でメールでお知らせもできます!>




↑このページのトップヘ


直近のドル円チャートと日経225のチャートで、きれいなインジケーター形状で

 

天井から底値が形成されました。

 

ドル円 1時間足 (12月16日現在)

 

 

日経225 1時間足 (12月16日現在)

 

 

上の画像からもおわかりのように、『天底チャート MT4』の最下段インジケーターで

 

見た目で、きれいな形状で、底値→天井→底値 の波動線が形成されています。

 

 

のラインを他のラインが超えていく時に点灯する上段でのまたは赤のサインでのエントリーは

 

非常に信頼性・確実性の高いエントリーポイントとなります。

 

そして、利確は簡単、  白サインで利確です。



↑このページのトップヘ

Copyright © KEN Consulting Inc. All Rights Reserved.