FXの天井・底値をズバリ捉える

バイナリーオプションからFX,日経225まで、MT4の全てのチャート、時間足に対応!
視覚的に相場の転換が判断でき、エントリーポイントがわかる裁量インジケーター!

FXの天井・底値をズバリ捉える イメージ画像


Mebius(メビウス)は、バイナリーオプションだけなく、

FXや日経225の スイングトレードにも最適です。

  

Mebius(メビウス)は、インジケーターの「ねじれ」ポイント相場の転換点

つまりチャートの頂点(天井)と底でエントリーをして利益をあげるトレード手法です。


anigif


例として、

次の画像は、USDJPY1時間足チャートです。 

USDJPYH1
 
 

Mebiusには、

 

1.Mebius曲線帯の「ねじれ」の頂点・底でのエントリー

2.上限域・下限域からの急反転でのエントリー

3.ねじれの交差ポイントでエントリー

4.ねじれ後の押し目・戻り目でのエントリー

5.再上昇・再下落によるブレイクアウトを捉えるエントリー

 

といった5つの基本エントリーパターン(*参照)がありますが、
その内の1つである
「天底の反転」を軸にしたエントリーである
パターン①を使って
画像のようにエントリーした場合、短期線の白・ピンクのMebiusのラインが
上限に達するところで利確すれば軽く70pips以上の利益となっています。


ご参考に同じ時間帯の5分足、15分足、1時間足チャート(ユーロ円)での

Mebiusの違いをご覧頂けるよう画像をご案内します。
他の通貨ペア・時間足・日時の画像をご覧になりたい場合は、info@shozai.infoまでお問合せ下さい。)

 

EURJPY 5分足

EURJPYM5
 
  

EURJPY 15分足

EURJPYM15
 

EURJPY 1時間足

EURJPYH1
 

 お好みのトレードスタイルに合わせ、Mebiusをご使用下さい。


エントリー方法解説の講習動画の一部を無料公開中!






↑このページのトップヘ


れから世の中はどのようになっていくのでしょうか?

 

長引くコロナ・ショックにより、NYダウや日経平均は、連日のように乱高下を繰り返し

金融崩壊目前の様相を呈しています。

 

このような状況はむしろ、絶好のトレードチャンスと捉える方もありますが、

ボラティリティが高くなり、その分、リスクが高まることも事実です。


FXの場合、利大損小で、1勝9敗でも、1回で大きな利幅取りができればプラス

という考えがありますが、逆を言えば、9勝1敗でもマイナスとなる可能性を意味します。


┏━┓
┃ FXより効率のいいバイナリーオプション

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


バイナリーオプション(ハイロー)は、FX取引の投資方法の一つで、

判定時刻(30秒後、1分後、3分後、5分後等)に
購入価格から

「上がったか?(High)」「下がったか?(Low)」で、最大2.0倍の払い戻しを受けるという

シンプルな
トレード方法です。

 

決してギャンブルではなく、購入ポイント(エントリーポイント)を間違えなければ、

正しく予想できます。バイナリーオプション

2018-12-11 (1)





┏━┓

では、HighかLowかを「正しく予想する」とは?

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


エントリーポイントから「上がる」か「下がる」かを正しく予測するには、

どのようにすればよいでしょうか?


その為には、転換点 を見極めることです。


この場合の転換点というのは、相場の大きな流れの転換点ではなく、

バイナリーオプションですので
1分足チャートのローソク足の次の1本目や3本目が、

購入ポイントから上がっているか、
下がっているかを予想るものですから

短期レベルでの転換点を意味します。


つまり、短期レベルでの「押し目」「戻り目」が分かれば、判定時刻の3分後には


上がっているであろう(下がっているであろう)ことが、比較的容易に予想がつきます。



┏━┓では、短期レベルでの「押し目」「戻り目」を見つけるには

どうしたらよいのでしょうか?

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Mebiusのインジケーターは、元来、天井/底値と転換点を捉えるインジケーターです。

Mebiusのインジケーターが示す、転換点のポイントを捉えていけば

正にそこが、HighかLowかのエントリーポイントとなります。


ハイロー エントリーポイントの例 (EURUSD 1分足チャート)



階段状になっている矢印のところでエントリーした場合、その後(3分後)のローソク足が、

予想通りになっていることが、お分かりいただけると思います。

具体的には、複数のラインの帯が、パーフェクトオーダーの状態の時に、

白のラインだけ逆方向に折れ曲がったところが、押し目であり、戻り目となります。


そこを見逃さず、エントリーしていけば、非常に高い勝率が得られる
ということになります。


FXと違い、バイナリーオプションの場合、判定時間(3分間)による時限トレードのため

エグジット(利確、損切)を考える必要はなく、エントリーのみに集中できます。


また、必ずしも「高勝率」にこだわることはありません。


ハイローオーストラリアは、ペイアウト倍率の高さに定評があります。

スプレッドハイローの場合、2倍のペイアウト倍率が設定されていますので、

例えば、最低購入額(1000円)で、エントリーすれば、倍の2000円でペイアウトされます。

1分足では、日中だけでも数十回のエントリーチャンスが発生しますので
例えば、2勝1敗ペースでも、十分な利益となる計算になりますので、
バイナリーオプションは通常のFXトレードよりも効率のよいトレード方法ではないか
と思います。

金融危機の乱高下相場に一喜一憂することなく、

こんな時こそバイナリーオプションで着実なトレードをすることをお奨めします!

エントリー方法解説の講習動画の一部を無料公開中!



↑このページのトップヘ

Copyright © KEN Consulting Inc. All Rights Reserved.