FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』

【 FX/仮想通貨/日経225 相場の天井・底値・転換点が一目でわかるチャートツール】
買いサインも売りサインも自動でメールでお知らせ!
明確な動きがでたら、「緑・赤のサインでエントリー、白のサインで利確!」のたった2ステップ。

FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』 イメージ画像


もし、あなたがトレードで全然勝つことができていないのなら、、、


あなたに足りないものは1つです。


あなたがこの記事を読み終える頃には、

たった1つの足りないものに気づくことができ、

トレードで勝てるという自信を持つことができるでしょう。


今まで多くの人がトレードで失敗するところを

見てきました。


運まかせで勝負している人もいれば、、、


感情的になり、熱くなって一気に

多額の資金を失くしてしまう人。


日常のストレスを抱えたまま

心が不安定なまま取引をする人。


挙げだしたらキリがありませんが、

これ以上に最大の間違いがあります。


それは、、、


勉強しすぎることです。



基礎の部分を勉強するのは

良いことでしょう。


しかし、悪いと思うのは、トレードの手法を学びすぎて

それらをごちゃ混ぜにして使っていることです。


ごちゃ混ぜにすると読みの精度が全く上がりません。


やるなら1つです。


1つにするから、

日々様々な検証を繰り返すことができて

精度が上がります。


それに比例して勝率も上がっていくということです。


私はトレードで人生が絶望になってしまう人を

1人でも救いたいという思いから、

無料で公開することを決めました。


あなたはトレードで勝つために必要な

ものは何だと思いますか?


それは、、、


ツールです。


取引のタイミングが分かる

ツールがあれば良いんです。






それ以外に何か必要なものってありますか?


私が決意したことは

このツールのマニュアルを全て包み隠さず

公開することです。


私はこのツールを開発し、販売しています。


通常このようにマニュアルだけ

全て公開するということは有り得ません。


なぜ、こんなことをするか

というと、


ツールには120%の自信があるからです。


トレードで勝率が上がったら、

あなたは何をしてみたいですか?


少し想像してみてください。


今、頭に描いたことを実現できたら、

とても幸せだと思いませんか?

素晴らしい夢、希望を持っているあなたには、

このツールが自分に必要かどうか、


ご自身で判断して頂こうと考えています。


“百聞は一見に如かず”です。


私がここでいろいろメリットを書くよりも、

マニュアルを読みながら実際に頭の中で

シミュレーションをしてもらう方が、

良いのではないか。


という決断に至りました。


1度このマニュアルを読んで、

このツールが本当に自分の人生を

変えてくれるものなのか。


判断してください。

<マニュアルの中味を全て公開します!>
まずは簡単30秒で
◆マニュアル(製品版)を無料ダウンロードする!◆

すぐに使える 移動平均線のテンプレートも差し上げす!





↑このページのトップヘ


<天底チャートで見る天井⇔底値の動きのシミュレーション例>





天井から底値へ、そして、底値から天井への実際の流れを
順を追って次の画像で見てみましょう。



 青いラインを上抜けて上昇相場に転換し、最初の押し目が発生。

 同時にローソク足が全ての移動平均線の上に出たところの押し目で

   緑のサイン(買いサイン)が点灯。

 白とピンクが、ほぼ上限に接し、天井を形成(白サイン点灯=利確)。

 同時にRCIの大半のラインも上限で密集。

 青いラインを下抜けて下落相場に転換。

 同時に最初の戻りが発生、赤のサイン(売りサイン)が点灯。

 白が下限に接し、底値を形成(白サイン点灯=利確)

 青いラインを上抜けて上昇相場に転換し、最初の押し目が発生、

    緑のサイン(買いサイン)も点灯。

 白が上限に接し、白サインが点灯(利確)。

 

必ずこのようになるということではありませんが、基本の流れとしては

中段・下段のチャート指標の上限(天井)に接し反転、下限(底値)に接し反転する

といった流れを繰り返していくことになります。

<マニュアルの中味を全て公開します!>
まずは簡単30秒で
◆マニュアル(製品版)を無料請求する!◆

すぐに使える 移動平均線のテンプレートも差し上げす!




↑このページのトップヘ

Copyright © KEN Consulting Inc. All Rights Reserved.