FXの天井・底値をズバリ捉える

バイナリーオプションからFX,日経225まで、MT4の全てのチャート、時間足に対応!
視覚的に相場の転換が判断でき、エントリーポイントがわかる裁量インジケーター!

FXの天井・底値をズバリ捉える イメージ画像


今週のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に歯止めがかからない中、
7営業日続落しました。リーマンショック以来の世界規模での金融危機相場となっています。


この急落状況を「Mebius」インジケーターがどのように捉えているかを見てみます。

まずは、NYダウと日経平均株価(日経225)の週足です。

NYダウ週足 (※画像はクリックで拡大)
NYW1


先週に陰線をつけたことで、先々週が戻りのピークであったことを示しています。



日経225週足
JPN225W1

週足まで見る機会は普段はなかなかないですが、日経平均も同様で、
先週の陰線で戻り目確定となっており、先週末の時点で、
今週以降も陰線状態となる可能性が高い(下落の理由が何であれ)
Mebius曲線の形状となっていたことがわかります。


日足レベルでは、どうでしょう。

NYダウ日足
NYD1
  
Mebiusには、インジケーターのその曲線形状から基本となる
5つのエントリーパターン 
(※参照がありますが、

2月17日時点で、まず、Mebiusのエントリーパターン①の「ねじれ」の頂点
を示しています。

そして、2月20日の時点で、エントリーパターン③の「ねじれ」の交差から
下抜け(底抜け)状態となりましたので、週初(2/24)からの急落につながっている
ことがわかります。


日経225日足
JPN225D1

日経平均株価も概ね同様で、2月21日の陰線で、
エントリーパターン④のねじれ後の戻り目が確定し、下への底抜け形状となり
24日以降の急落を示唆していたことがわかります。


さらに4時間足で見ると、より具体的なエントリーポイントが見えてきます。

NYダウ4時間足
NYH4

NYダウで、4時間足レベルでは、先週時点で、2回のエントリーチャンスがあったことが
わかります。

最初は、17日17:00(MT4時間)の時点で、陰線をつけた時点で
2回目は、20日13:00(MT4時間)で、どちらもエントリーパターン⑤の
再下落によるブレイクアウトを捉えるポイントで、陰線確定により底割れ形状
となっています。


日経225 4時間足
JPN225H4

日経225でも先々週および先週時点で、大きな「売り」エントリーのチャンスが
2回あったことがわかります。

まずは、13日時点でのエントリーパターン③の「ねじれ」の交差ポイント
2回目は、20日時点でのエントリーパターンマ①の「ねじれ」の頂点ポイントです。
特に20日のポイントは、今週の急落にそのままつながっています。


では、為替の方では、どうでしょう。
ドル円の状況を振り返ってみます。

USDJPY週足
USDJPYW1

先週、1ドル112円に急激な円安になった後、今週、週初から
エントリーパターン②の急反転形状となりました。

USDJPY日足
USDJPYD1

20日の週末から週初の24日にかけて、エントリーパターン②の
上限からの急反転
となり、典型的な鋭角的「尖がった山」の形状なっています。

さらには、27日にエントリーパターン③の「ねじれ」の交差ポイントから
底割れ形状となりました。


4時間足では、よりエントリーポイントが明確になります。

USDJPY4時間足
USDJPYH4

まずは、24日08:00から12:00(MT4時間)にかけての
エントリーパターン③の「ねじれ」の交差ポイント、あるいは
移動平均線で見ると実線2本、2本のクロスポイントです。

さらには、27日20:00から28日00:00(MT4時間)にかけての
エントリーパターン⑤の再下落からブレイクアウトを捉えるポイント
となります。


最後に、

先の相場は、誰にもわからないことではありますが、
短期の反発は別として、NYダウ、日経225ともに月足レベルで見ると、
「Mebius」の形状は、まだまだ下への余力を残しており、
今年は下への警戒は十分必要でしょう。

NYダウ月足
NYMN


日経225月足
JPN225MN

エントリー方法解説の講習動画の一部を無料公開中!






↑このページのトップヘ



anigif470x346forFB


「天底チャート」のロジックを踏襲しつつ、さらに発展させたMT4用インジケーターの
新商品Mebius(メビウス)の紹介セミナーを開催します。

Mebiusは、バイナリーオプションからFX・日経225まで、MT4チャートの全てに対応し、
視覚的に相場の転換が判断できる裁量インジケーターです。

Mebiusのインジケーターは、その名の通り、「メビウスの帯」のようにラインの帯が
「ねじれ」を繰り返します。
この「ねじれ」のポイントが、即ち、相場転換でありエントリーポイントとなります。

Mebiusには、基本のエントリー方法が5パターンあり、今回のセミナーでは、
その5つのエントリー方法をインジケーターの動きと合わせ解説いたします。


【セミナー内容】

Mebiusインジケーターの5つの基本エントリー方法を一つ一つ解説いたします。

パターン①: 
Mebius曲線帯の「ねじれ」の頂点・底でのエントリー

パターン②: 
上限域・下限域からの急反転でのエントリー

パターン③: 
ねじれの交差ポイントでエントリー

パターン④: 
ねじれ後の押し目・戻り目でのエントリー

パターン⑤: 
再上昇・再下落によるブレイクアウトを捉えるエントリー


【日時】 2月22(土) 14:00~16:00(質疑応答により延長の場合あり)



【会場】 東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F 株式会社ゴゴジャン本社内スタジオ



【最大定員】25名(先着順)


【料金】 無料


【参加特典】 参加者には、Mebius購入の際、5,000円の割引特典あり!


【セミナー申し込みは、こちらから】https://www.gogojungle.co.jp/event/167


※ 当セミナーについてのお問合せは、

info@shozai.info へお願いいたします。



↑このページのトップヘ

Copyright © KEN Consulting Inc. All Rights Reserved.