FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』

【 FX/仮想通貨/日経225 相場の天井・底値・転換点が一目でわかるチャートツール】
買いサインも売りサインも自動でメールでお知らせ!
明確な動きがでたら、「緑・赤のサインでエントリー、白のサインで利確!」のたった2ステップ。

FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』 イメージ画像



仮想通貨におけるアービトラージ取引とは?

 

仮想通貨と株はどちらも投機的な目的で投資対象になりますが、仮想通貨と株では仕組みが異なります。

また株はどこの証券会社でも株の価格は同じですが、仮想通貨は取引所によって価格が異なります。

そこで仮想通貨のアービトラージ取引について基本から説明します。


「アービトラージ(裁定取引)とは?」


アービトラージとは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。(SMBC日興證券サイトから参照)


裁定取引は主に機関投資家が大きな資金でサヤ抜き(価格や値段の利率の差額で儲ける)を狙う手法として使われます。

額が大きければ1つの取引で市場に影響を与えます。

これが株式市場では適正な価格形成に役立っていると言われています。


要は差額で利率を上げるわけですが、仮想通貨の場合取引所ごとに通貨の価格が異なるのが特徴です。

また仮想通貨の販売所ではそれぞれスプレッド手数料があり、販売所によって手数料が異なるために通貨の価格が異なります。


この価格の違いを利用して通貨を売買することで、株式で言うところの裁定取引を行います。

また仮想通貨取引所では取引所間で通貨を送金することができます。

これも株式証券にはない特徴です。



「仮想通貨取引所の価格差を狙うアービトラージ」


上記でも言いましたが、仮想通貨で特徴的なのは、同じ銘柄の仮想通貨をいくつもの取引所から購入でき、それを取引所間で送金ができる点です。またそれぞれ取引所ごと価格が異なります。


仮想通貨の世界では基本的に現物取引というトレード形式が主です。

海外の取引所は基本的に現物取引ですが、日本には取引所だけでなく販売所もあります。

販売所とはユーザーと通貨を取引するのではなく、直接、通貨を売っている販売所から購入するところです。


したがってA取引所で仮想通貨を買い、B取引所の方が高く売れそうなら仮想通貨を移動してそこで売ることも可能です。

しかし、送金手数料をかけてまで、B取引所にわざわざ送金して売却する理由があるのか、と思われるかもしれません。


仮想通貨を購入しようと考えた時、いくつかの取引所の価格を比較して、一番価格が安い取引所からお得に購入したいと考えます。

そして仮想通貨は取引所間を送金できるので、売る時はいくつかの取引所の価格を比較し、A 取引所よりC取引所が高値をつけていたとします。


となるとA取引所で売るよりC取引所で売った方が、購入時の価格からより大きな利益を出しやすくなります。

他の取引所に送金する手間があるので、少額ではなく大きな額で利益をローリスクで出すことが可能な取引です。



「ビットコインにおける相場の確認について」


リアルタイムの相場の確認は「みんなの仮想通貨」というサイトで確認ができます。


「仮想通貨におけるアービトラージの例」

上記の相場を使ってアービトラージを行なったとします。


bitFlyer1BTC購入:895,643円

Zaifで1BTC売却;  897,500円


差額を計算すると、1,857円となります。

つまり他の価格が高い取引所に送金してそこで売却することで、価格が上がるのを待たなくても、ローリスクで1,857円の利益を発生させることが可能です。


購入する額が大きければ大きいほど、差額が大きくなります。

また時間を待たずにすぐに売却でき、チャートの分析に時間をかける必要がないメリットがありますが、デメリットもあります。


チャートはあまり見る必要はありませんが、いくつもの取引所を常に確認する必要があります。

また他の取引所に送信している間に価格が変わる可能性があります。

こういったケースがアービトラージでは不利になる可能性があります。



「いくつかの取引所に登録する」


アービトラージ取引を行うには取引所にいくつか登録する必要があります。

最低でも2箇所ですが、その2箇所だけの場合、効率のよく差額を発生させることは難しいです。

登録する取引所の数=差額を生み出すチャンスにもなります。


最初のうちは日本国内の取引所や、日本語対応している海外の取引所での登録がおすすめです。

登録はどこでも無料なのでアービトラージを行うのであれば、できるだけ多くの取引所に登録をしておくのがベストです。


国内であれば

・ビットフライヤー(販売所に特化)

・GMOコイン(販売所に特化)

・ザイフ(取引所)

・ビットバンク(取引所)

・QUOINEX(取引所)


日本の取引所に登録をしたらまずは先に日本円を入金しておきましょう。入金には反映に少し時間がかかる場合もあるので、事前に入金しておくと安心です。


海外なら(基本的に全部取引所)

・Binance(日本人ユーザーに人気)

・Kraken(日本語対応)

・Bitfinex



「仮想通貨のアービトラージについてのまとめ」


アービトラージ取引はチャートの確認は必要ありませんが、取引所をいくつか登録しそれぞれの価格をチェックする必要があります。

また取引所の価格差で大きな利益を出すためには、投資金がある程度必要になりますが、ローリスクではあるので始めやすいとも言えます。

効率よく利益を発生させるためには取引所の価格差を一気に確認できるツールなどを使うことをおすすめします。




 
 【完全自動型 アービトラージシステム】
 
 


↑このページのトップヘ



アービトラージの実際の取引方法を順に見ていきましょう。

取引を成功させるためのポイントも紹介しています。


アービトラージ取引方法 基本編


まずは簡単に、アービトラージの方法を説明します。
(実際の取引では、こちら側から見て「買う」ということは、相手側にとっては「売る」ことになるという点に注意しましょう)


外貨両替でドルにもユーロにも「売り」と「買い」があるように、仮想通貨にも「売値」と「買値」があります。


一番高く売る(売値) - 一番安く買う(買値) > 0(=利ざや)


という構図ですので、分解すると、手順は次のようになります。


① 一番安く買える取引所を見つける
② 一番高く売れる取引所を見つける
③ ①の取引所でビットコインを買う
④ ①の取引所から②の取引所に送る
⑤ ②の取引所で売る


[例]

A取引所  売値 1BTC = 50万0000円  買値 1BTC = 50万1000円
B取引所  売値 1BTC = 50万4000円  買値 1BTC = 50万5000円


上記の例では、B取引所で売り、A取引所で買うのが最も利益が大きい取引となります。


1BTCにつき 売値50万4000円 – 買値50万1000円 = 3000円


となり、1BTCにつき3000円の利ざやを得ることになります。

ここから手数料を引いたのが実際の利益です。



アービトラージ取引方法 応用編


基本の方法でアービトラージを行うことはできるのですが、現実には、入出金や注文確定に時間がかかり、取引にタイムラグが生じてしまいます。

入出金には1〜2時間かかり、売買の注文は約定に失敗することすらあります。


場合によっては、このタイムラグのために価格が変動してしまい、アービトラージの致命的な失敗につながりかねません。

このため、実際には次のような取引方法が一般的です。


先の例と同じ条件でビットコインの売買をすることを前提とします。

その上で、まず両取引所間で価格差がない状態のときにB取引所で1BTC購入していたと仮定します。

つまり、1BTC=50万2500円 です。


その後、先ほどの価格差が生じます。ただし、今回はB取引所にすでに1BTC保有していますので送金の手間はかかりません。

価格差が生じた時点で同時に売買を行います。B取引所で1BTC売り、A取引所で1BTC買うのです。


すると、この時点でB取引所での取引の差額1500円が利益となります。

次に、時間が経って価格差がなくなったところで(1BTC=50万2500円)、A取引所で保有している1BTCを売却したとします。

ここでもまた1500円の利益が得られます。

結果、トータル3000円の利ざやが得られます。


[例] 保有コイン(購入時)   同時売買   保有コイン(売却時)   差額
A取引所  0BTC(=0円)  買値1BTC = 50万1000円  1BTC(=50万2500円)  +1500円
B取引所  1BTC(=50万2500円)  売値1BTC = 50万4000円  0BTC(=0円)  +1500円


こうした原理を理解した上で、実際には

「価格差が広がった場面で同時売買し、価格差が縮まった場面でそれぞれ反対の売買をする」

という取引をくり返して利益を積み上げていくのです。


この方法を使えば、仮想通貨を長期保有しながら、短期売買で利ざやを稼いでいくことができます。



アービトラージ成功のポイント


アービトラージを効率的に行うためには、いかに取引所間の価格差が最大限に広がる瞬間をとらえ、素早く取引きを完成させられるかがカギとなります。


①情報収集力をつける

仮にあなたが何のツールももっていなかったとしたら、あちこちの取引所の価格をいちいち見くらべて、「差が開いてるなー」というときを見計らって売買する、といった方法をとることになるでしょう。

昼夜問わず価格をチェックし続け、数千円、数百円の誤差のために、手数料を支払い売買を行って・・・。


一方で、価格差を自動でチェックしてくれるシステムがあり、設定値以上の価格差となったときにアラートを出してくれる装置があったとしたら、どうでしょうか。

かなり効率化が図れますね。

ツールには、リアルタイムに取引所間の価格差を閲覧できるマトリックスや、アービトラージを自動化するソフトウェアといったものがあります。


②事前の準備を怠らない

利用できる取引所の数が多いほど、取引できる機会は広がります。

できるだけ多くの取引所に登録しましょう。

取引所によって登録のしやすさや、本人確認の手続き、手数料などに違いがあります。

特に手数料は毎回の取引の利益に直結しますので、どの手順にどれだけ手数料がかかるのか、正確に把握するようにしてください。


登録が済んだら、各取引所に仮想通貨の購入資金を入金しておきます。


③海外の取引所を利用する

取引に慣れてきたら、海外の取引所を活用することをおすすめします。利用できる取引所の数は、取引できるチャンスの数です。

海外の取引所は何十種類という仮想通貨を扱っていますので、アービトラージのチャンスが大きく広がります。



 
 
【完全自動型 アービトラージシステム】
 
 


↑このページのトップヘ

Copyright © KEN Consulting Inc. All Rights Reserved.