FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』

【 FX/仮想通貨/日経225 相場の天井・底値・転換点が一目でわかるチャートツール】
買いサインも売りサインも自動でメールでお知らせ!
明確な動きがでたら、「緑・赤のサインでエントリー、白のサインで利確!」のたった2ステップ。

FXの天井・底値をズバリ捉える -『天底チャート MT4』 イメージ画像


エントリー・利確・損切り

確信をもって出来ていますか?

”チャート丸分かりマニュアル”

無料(100部)で配布中!
(特典:移動平均線のテンプレート付)


FXで買っている人、負ける人の違いはひとつ。


「チャートを分析できるかどうか」


FXで勝ち続けている人は、例外なく

チャートを正しく分析しています。


決して勘に頼ったり、感情のおもむくまま

買いに走ったりは絶対にしません。


自分なりの「トレードルール」をもっており

それに従いポジションを決め、

エントリー・利確・損切りをする。


決められたルールに則って

トレードしているだけなのです。



なたはこのチャートを見て


正しく情報を判断できますか?

自信をもってエントリーできますか?

勘に頼ったトレードになっていませんか?


もしあなたなりのトレードルールが

確率できていないのであれば、


今すぐこの


「チャート丸分かりマニュアル」


を入手し、自信に満ち溢れた

あなただけのトレードルールを

確立してください。


ご質問も受け付けていますが、

サポートにも限界があります。


なので、

100部に限定します。


無料で公開していますので、

無くなる前に入手してください。


あなたのメールアドレスを登録し無料でマニュアルをもらう。



1分以内に「チャート丸分かりマニュアル」をお届けするので、

あなたのメールアドレスを正しく登録してください。






↑このページのトップヘ


東進トレーディングゼミナール(通称トレゼミ)

『永続的に勝てるトレーダー』になるための体験型ワークショップ


実際に使えるトレードルールや検証方法を学び、

お金(おもちゃ)を使いながら資金の増減を体感。


<ワークショップで学ぶ3つのこと>

1.確かなトレードルールを学びます。

2.トレードルールの検証方法を学びます。

3.最適なポジション量の考え方を学びます。


ワークショップで学ぶ内容

パーフェクトオーダー2013(二マルイチサン)を用いた検証シミュレーション


SMAとEMA(20と13)とピンバーとの位置関係でフィルターをかけ、
エントリーを絞ることによって、勝率を高めたトレードルールです。


ピンバーとは?

ピンバーとは片側だけにヒゲの長いローソク足のことです。エントリーや決済の基準として使用します。

様々な指標と組み合わせて(フィルターをかけて)使います。

今回のワークショップでは20SMAと13EMAと組み合わせて使用します。


※ワークショップではヒゲが実体に対して2倍以上としていますが、3倍以上でもOKです。

そのルールが実際に通用するのかどうかを検証することが大切です。

ワークショップでは検証方法も学びます。


まずはこのピンバーをチャートの中から探します。


もちろん、「これからトレードを始める方」の場合は何のことかサッパリわからないかもしれませんが、

ワークショップでは具体的に学習していきますので、誰でもわかるようになります。


エントリーのルール(買いポジションを例に)

 


                               エントリー

             ピンバーの高値ブレイク


     エントリーキャンセル
   → ピンバーの安値ブレイク




決済のルール(買いポジションを例に)



                           利益確定

→ ピンバー全体の長さ分の利益が乗るポイント



         ロスカット
   → ピンバーの安値ブレイク


ピンバーは値動きが反転する際のシグナルなので、大きな利益を狙うチャンスでもあります。

エントリーと決済のルール、そしてキャンセルのルールを学ぶだけなのでシンプルに

実際のトレードで活かすことができます。



ピンバーの解説動画



ワークショップではこのトレードルールを講師がわかりやすく、丁寧にお伝えします。

実際に手を動かしながら作業をするので、頭に入りやすく帰宅してから

すぐに試してみることができます。


さぁ、今こそトレゼミで

新しい未来への扉を開きましょう!
トレゼミbanner200-200
< 体験勉強会の日程を確認する!! >




↑このページのトップヘ

Copyright © KEN Consulting Inc. All Rights Reserved.