【先日のドル円の急騰を分析すると・・・】

119日に米ファイザー社のワクチン開発成功見込み報道から当日安値103.17円から深夜高値105.64円へ2.47円、ドル円が急騰しました。

下のチャートは、その急騰時のドル円1時間足チャートです。
ドル円急騰
確かにワクチン開発成功の見込みは、ビッグニュースであり、ドル急騰の要因ではありますが

チャートを分析するとニュースのある無しに拘わらず、チャート自体のタイミングが
上昇するべくして上昇したポイントであることがわかります。

つまり、103円台で低迷していたチャートが、時間の調整を経て、満を持して
チャートのクロスポイントをきっかけに上げに転じたということです。

FXでは、チャートの「時間調整」が非常に大事な考え方になります。

画像の移動平均線は、一般的な移動平均線の設定値と違い、
この時間調整の概念を組み入れたオリジナルな設定をしています。

そのため、タイミングが非常にわかりやすくなっています。


この移動平均線の無料配布に興味のある方は、こちら