矢印サインとストキャスティクス線の基本説明

【矢印サインとストキャスティクス線】


(天底チャートでは、ストキャスティクスをより重視していますので、矢印サインも

ストキャスの波動に基づいています。説明上、上図からRCI部分は外しています。)

 

 ■   矢印サインの説明

白矢印     - 上限、下限域(天井圏、底値圏)での逆張りサイン

                  (天井圏、底値圏の可能性大)

矢印 - 上限、下限域以外(天井圏、底値圏以外)での順張りサイン

                   (上昇時の押し目買い、下落時の戻り売りのポイントの可能性大)


■  ストキャスティクス線の構成と見方

白 - 超短期線

ピンク - 短期線(3本)

- 中期線(3本)

- 長期線


ストキャスティクスの線は、白・ピンク3本・緑3本・青の線で構成されています。

前ページのチャート図のように

 

白・ピンク3本・緑3本全てが、青ラインの上で、右肩上がり方向であれば、上昇相場

白・ピンク3本・緑3本全てが、青ラインの下で、右肩下がりであれば、下落相場

 

が基本中の基本となります。

 

ストキャスティクスの上下限の枠の中(0~100目盛)で、それぞれのラインが収斂拡散

繰り返します。

基本的な流れとしては、

 

上昇相場で、①白が上限に接し②白がピンクを下抜き③ピンクが緑を下抜き④白ピンク緑の全て

が青を下抜き(この段階で、全てのラインが青の下に位置します)、下落相場に入ります。そして

①白が下限に接し②白がピンクを上抜き③ピンクが緑を上抜き④白ピンク緑の全てが青を上抜き

(この段階で、全てのラインが青の上に位置します)、上昇相場に入ります。

 

勿論、この間に複雑に短期線の動きは入りますが、最終的には、ストキャスティクスのラインの特性上

必ずこのような収斂拡散を繰り返すことになります。

それ故に、全てのラインがきれいな形で、右肩上がりであれば、明確に上昇相場であり

全てのラインがきれいな形で、右肩下がりであれば、明確に下落相場ということになります。

 

この考え方を基に、上昇相場の途中時には、押し目と判断されるポイントで、上向きの

緑の矢印サインのみ点灯し、下落相場の途中時には、戻りと判断されるポイントで、下向きの

赤の矢印サインのみ点灯することになっています。



次回、 [天底チャートの基礎➂] につづく。