■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『天底チャート MT4』発売1周年記念キャンペーン
                  累計1000名突破!
        只今、特別価格セール 実施中!
    <今がチャンスです! 9月30日まで>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■◆■


┏━┓
┃★┃見たままの判断で、天井と底値がわかるようになる方法┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「頭と尻尾はくれてやれ」

誰かが言った相場の格言です。
この言葉は一定の合理性がある言葉です。

でも、頭もしっぽも取れればそれにこしたことはありません!

では、どのようにして??????


次の画像を見て下さい。

これは、チャートインジケーターだけの画像です。

どこが天井で、どこが底値か、わかりますか?

まず、見た目だけで、推定してみて下さい。


ごく普通に、特に何も考えることなく見た目のままでよいなら、

次のような感じになりませんか?




では、実際のチャートで答え合わせすると

         (白サインは、天底を示す逆張りサイン、緑・赤サインは順張りサイン)



先程の推定通りのポイントがそのまま実際の天井・底値です。

これなら投資未経験の初心者でも天井・底値を推定できますよね!


インジケーターの複数ラインは、「メビウスの輪(メビウスの帯)」のように
収斂拡散を繰り返します。

その収斂のポイント(ねじれのポイント)が相場の転換点になるという特性がありますので

そのポイントを裁量的に見たまま判断すれば、結果的に天井・底値がわかるようになるということです。

上限・下限での複数ラインの収斂ポイントが、それぞれ天井・底値になります。


頭からしっぽまで、、、、

<見たままの判断で、天井と底値がわかるようになる方法>


まずは簡単30秒で
◆マニュアル(製品版)を無料請求する!◆

すぐに使える 移動平均線のテンプレートも差し上げす!